MacBook(マック)でWindowsを使う(Boot Camp利用)

川西市・猪名川町・豊能郡・池田市(伏尾台)を中心にパソコン修理・サポートを提供しているビーバー先生です。

普段、MacBookを利用されている方で、普段に利用ではMacで問題ないのですだけど、新規にソフトを入れようと思った際にWindows OSのみ対応で困られている方も多いです。そんな時にWindowsのPCをそのためにだけに買うとパソコン本体が2台になって、邪魔になる。お金もかかる。という問題を抱えてられる方に一つの解決策をご提案します。

それは、MacBookの本体にWindows OSを入れる方法です。Macの立ち上げ時にMac OSかWindows OSのどちらのOSで立ち上げるか選択でき、立ち上げ後はどちらかのシステムを単独で立ち上げた時と変わらない仕様ですので、使い方で困ることはありません。

【実現するための方法1】

MacBookの購入→Windows OSであるWindows10のライセンス購入(詳しくはこちら)→MacBookにBoot Campを使いWindows OSをインストール(詳しくはこちら)→完了

【実現するための方法2】

ヤフーオークションにて、MacBookにBoot Campを使いWindows OSを入れた状態で販売されている中古のMacBookが格安にて多数出品されています。それを購入すると方法1のようにWindows OSインストール作業は発生致しません。ただし、中古あることと販売者の信頼性に欠ける部分において、購入後にトラブルになるリスクもございます。(詳しくはこちら

MacBookにBoot Campを使いWindows OSをインストール作業を当店でも承っておりますので、自分で出来ない方はご検討ください。作業料金1万円(税込)。必要なWindows OSの購入代行を無料で行います。

Follow me!

カテゴリー: Mac

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です