HDD(ハードディスク交換)の伴う修理

川西市・猪名川町・豊能郡・池田市(伏尾台)を中心にパソコン修理・サポートを提供しているビーバー先生です。

パソコンが起動しない場合、原因としてHDD(ハードディスク)が物理的に壊れてしまうことがあります。

その場合、以下の2つの作業が必要です。

①HDD(ハードディスク)を新品に交換

②OS(主にWindows10)の再インストール

①に関して、当店では、以下の製品に交換致します。この製品を利用する理由は、1TBの流通が多く比較的安価に手に入るため安価に提供できること、東芝の国内ブランドであるからです。

東芝 内蔵HDD 2.5インチ 1TB 薄型モデル MQ04ABF100 SATA 3Gbps対応 (製品のHPはこちら

※ 実装希望のHDDがございましたら、ご相談可能です。

②に関して、OSの再インストールではリカバリメディアが必要になります。通常、購入時にリカバリメディアは付属せず、自分でOSから作成する仕様のPCが多いのですが、HDDが壊れた状態ではもうリカバリメディアを作成することが出来ません。OSが稼働するときにリカバリメディアを作成されている場合はいいのですが、多くの方が未作成の状態です。リカバリメディアがない状態でHDDが壊れた場合、PCメーカーからリカバリメディアの再発行にて取り寄せを行う必要があります。その再発行にかかる必要がかなり高いのです。

HDD交換の伴う修理費はこちらを参照ください。ただし、リカバリメディアをお持ちの前提(リカバリデータがHDDから取り出せる場合は問題なし)ですので、リカバリメディアがない場合、別途、リカバリメディアの再発行費用が追加となります。

リカバリメディアをメーカーから再発行になる場合、修理費用の合計がかなり金額(4万円近く)となるため、パソコンの新規購入を検討されるのも良いかもしれません。

原因の調査、診断、見積りは無料で行います。パソコンが立ち上がらないときは、予約の上、一度パソコンを事務所にお持ちください。

パソコンで困った時は、まずビーバー ビーバーパソコンサポート https://www.pcsmaphosupport.com/

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です