Windows OSのセキュリティ(ソフト)

Windows OSは、外部からのマルチウェアの侵入を防ぐため、セキュリティソフトをインスト―ルする必要があります。ウィルスバスター、ノートンなど昔から多くの有料のセキュリティソフトがございますが、最近はWindows OSを販売するマイクロソフトが提供する無料のセキュリティソフトであるWindows Defenderがプレインストールされています。

現在、有料のセキュリティソフトを導入されている方で、更新を迎える方は、このWindows Defenderに乗り換えることを検討されてはいかがでしょうか。導入費、更新ともに無料で一度インストールすればあとは何もしなくてもセキュリティ状態を保ってくれます。

Windows Defenderだと有料版に比べて、性能が劣るのではないかという方もいらっしゃるので、その検証を外部サイトで紹介致します。私は、今までWindows Defenderの利用でウィルス感染等の問題が起きたことはございませんし、仕事上でパソコンを診断していてもWindows Defenderが機能していてウィルス感染したパソコンの対応はしたことがございません。

Windows Defenderの性能は?他のセキュリティソフトの必要性と比較 https://cybersecurity-jp.com/column/24469

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です