Microsoft Office Wordマイクロソフト・ワードは必要?

川西市・猪名川町・豊能郡・池田市(伏尾台)を中心にパソコン修理・サポートを提供しているビーバー先生です。

Microsoft Office Word、通称「ワード」です。Windowsパソコンを利用している方で、このソフト知らない、利用していない人はいないと思います。すっかりデファクトスタンダードな文章作成のソフトウェアになってしまいました。

ワードというのは、マイクロソフト社(会社名)が販売している文書作成ソフトウェアです。有料ソフトで、他のデファクトスタンダードになったExcelエクセル、Outlookアウトルックとセットになったパッケージで3万円以上(永久ライセンス)します。(値段に関しては詳しくはマイクロソフトの版売サイトを参照のこと)

フリーソフトでかなりのことが賄えるご時世で、かなり値段が高いです。

このソフト入れなくてもなんとかならない?って思う人はたくさんおられることでしょう。

私もその一人です。

ワードを使わなくても、同等レベルの文章作成ソフトウェアがあり、文章の作成に困りません。しかし、このソフトが世の中の文書作成のデファクトスタンダードになってしまっているので、お相手が送られてくる文章ファイル、ネット上からダウンロードした文章ファイル、行政がアップしている電子ファイルなど、ワードで作れたファイルが世の中で多発しているのです。

自分は文章作成はワードで作らないからいらないって思っても、他人とコミュニケーション、行政と関わる限りはワードで作られたファイルを参照したり、更新したりする必要があります。

このワードで作られたファイルを閲覧・編集する為にマイクロソフトワードが必要なのです。(昔は、閲覧だけは無料のMicrosoft Office Word Viewerがありましたが、今は廃止されました。)

ただ、マイクロソフトワードの代替えソフトがいくつか出ており、かなり安くで提供、もしくは無料で提供しているソフトもあり、そのソフトを使えばワードで作られたファイルを閲覧と編集までできます。参照して、多少編集するぐらいの人はこの方法でもいいかもしれません。また、クラウドのOneDrive上では正規のマイクロソフトワードが無料で利用できます。

私もその方法を試しました。しかし、代替えソフトの場合、ワードを開いた際にレイアウトが崩れる等の微妙なズレが生じることが多いです。またOneDrive上のオフィスを無料利用していますが、機能が一部足りない、オンラインなので処理が遅い、正規のマイクロソフトワードなのにインストールソフトで作成したワードファイルを開くと少しレイアウトがズレるなど、私のようなヘビーユーザには、看過できない問題がたくさん発生しました。

その結果、今はお金を出して、マイクロソフトワード(インストール型)を入れています。

同じ問題に直面する人は多いと思います。

結論としては、パソコン本体を買うときにマイソフトオフィス(ワード、エクセル、アウトルック、パワーポイント等がセットになったパッケージソフト)は、パソコン本体の一部なのだと思い、パソコン本体+マイソフトオフィス代金=パソコン購入代金と考えるのが一番いいと思います。パソコン購入時にそう思って購入すると自然と納得できるようになるのでしょうか。

ビーバーパソコンサポートでは、どうしてもマイクロソフトワードは買いたくないけど、ワードファイルを利用はしたい方向けにその方法を個人レッスンでお教えしております。必要な方はお問い合わせください。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です